避妊薬について考える女性

避妊薬とはピルのことです。ピルは、女性が服用する薬です。避妊のためにピルを服用することで、排卵を阻止し、受精を防ぐ事ができます。ではその避妊薬について解説します。

妊娠を回避する働きがある避妊薬だが不正出血もある

女性が男性に頼ることなく、自分だけの力で避妊をすることができるピルは、女性の社会進出が進んできている日本においても、予期せぬ妊娠を回避するために、積極的に使用する女性も増えているようです。近年では低用量ピルも解禁となっており、より安全に、副作用のリスクを抑えながら、避妊薬を服用できるようになり、女性に取っては喜ばしい傾向といえます。この低用量ピルには、避妊以外にも、様々な効能があるといわれており、女性の日常生活を、格段に向上させてくれるので、上手に利用するようにしましょう。ピルを服用するようになると、ホルモンバランスを整える働きが作用し、生理周期が安定します。今まで生理不順に悩まされてきた女性も、まるでカレンダーのように決まった日に生理が来るようになるので、仕事もプライベートも非常に管理しやすくなり、大切な予定と生理が被ってしまった、などという問題を回避できます。ピルを服用してからの生理は、うそのように軽くなり、経血量もぐっと減り、生理痛もなくなります。今までこまめに生理用品を取り変えなければならなかったような方も、最も多い一日目、二日目でさえ、拍子抜けするくらいの出血で済みます。生理になるたびに貧血で体調が悪かった方も楽に過ごせるようになり、ブルーディが普段と変わらずに迎えられるようになります。また、ホルモンバランスが整うことで、生理前のイライラや倦怠感もなくなり、ニキビなどの吹き出物も改善されます。このように女性に取ってはうれしい効能が多いピルですが、身体が慣れるまでは、生理以外の不正出血や軽い吐き気、頭痛などの副作用が起きる方もいますが、一、二か月で自然になくなっていくので心配ありません。