避妊薬について考える女性

避妊薬とはピルのことです。ピルは、女性が服用する薬です。避妊のためにピルを服用することで、排卵を阻止し、受精を防ぐ事ができます。ではその避妊薬について解説します。

避妊薬で妊娠しないのは何故でしょうか

避妊薬で妊娠しないようになるのは、受精卵が子宮内で着床しないようになるからです。避妊薬を利用すると、女性の周期的な生理の状態を遅らせることができるので、これを利用することによって妊娠を避けることが出来ます。
妊娠をする時には、精子と卵子が受精して子宮内に着床することが必要なのですが、避妊薬を利用すると子宮内の状態が変化しますのでこの過程を得ることができなくなります。ですから、避妊薬を正しく利用すると99%の確率で避妊することが出来ます。また、この原理を利用すると酷い生理痛などによって症状が悪化している状態を改善することができるようになります。生理痛が発症する人は、生理の時期になると必ずそうした苦痛に悩まされることになります。この苦痛を回避する方法は、そもそも生理の周期を遅らせることにあるのです。避妊薬を利用すると、意図的に生理の時期を遅らせることができるようになりますので、生理が激しくて辛い時には避妊薬を利用することで生理痛から逃れることが出来ます。実際に、生理痛が酷い時には事情を説明することによってクリニックで避妊薬を処方してもらうことが出来ます。単純に避妊をするだけではなく、生理の状態を改善することもできるためこうした利用方法も知っておくことです。また、薬の中には使用方法を間違ってしまうと身体に異常が出てしまうものもあります。特に近年は扱いが難しい低容量の薬も出ていますので、そうした薬を使うときには医師の判断を仰いで的確に使用できるように心がけましょう。避妊は性行為前だけではなく性行為をした後でも使うことができるものなので、性行為をして心配になった時にはすぐにクリニックに行くことが大切です。

避妊薬を飲んでいれば絶対に妊娠しないのか

避妊薬を飲んでいれば絶対に、妊娠しないのかというとそのようなことはありません。性行為をすれば妊娠することが出来ない体でもなければ、常に妊娠の可能性はあるのです。しかし、避妊薬の避妊の確率というのは正しく服用をしていればほぼ確実に妊娠をしないと言えるレベルであるため、避妊薬を飲んでそれでも不安だというのであればこれ以上確実な方法は性行為をしないということしかないレベルには安全なものとなっています。避妊薬を服用していて妊娠をしてしまう可能性というのは、それこそ万が一というレベルの話であり正しく服用をしているのであれば妊娠の心配をすることはないでしょう。ただし、服用法が間違っていれば当然効果がなくなってしまいますから、正しい服用を心がけるようにしましょう。避妊薬は飲み始めてすぐに効果があるというわけではないので、効果が出る前に避妊をしないで性行為を行えば妊娠をしてしまう可能性があります。次に飲み忘れも避妊に失敗をしてしまう理由で、避妊薬は決められた期間しっかりと飲み続けなければ効果がなくなってしまいますので、飲み忘れたことに気づかずに性行為をして妊娠をしてしまうという可能性もあります。正しく服用をしていればほぼ確実な方法ではありますが、それを間違っていれば妊娠をしてしまう可能性が出てきますから十分に注意をするようにしましょう。妊娠を避けるために避妊薬を飲んでいるにもかかわらず、それで油断をして妊娠をしてしまったということになってしまうと取り返しの付かないことになってしまいますから、避妊薬を飲んでいるからといって油断をせずに本当に性行為をして大丈夫な時期なのか、飲み忘れはないのかということをよく確認しておきましょう。

避妊薬を男性が飲むとどうなる?

避妊薬は女性を対象に製造されたお薬です。女性ホルモンのバランスを良好かつ高水準に保つ事で、排卵を抑えます。排卵が抑えられる事によって、受精卵に精子が着床し難くなります。更には精子が子宮の奥まで入りづらくなりますので、現実的には10割近い確率で妊娠をスルー出来ます。いわゆる膣内射精を伴うセックスを繰り返しても、女性側がきちんと避妊薬を飲んでいれば大丈夫です。主だった避妊対策の中でも極めて確率が良い方法であり、コンドームやペッサリー等より高い効果を出します。また他の方法に比べて安定感があり、女性自身がお薬を飲み続けるだけで済みますので、男性に避妊を毎回お願いする労力が掛かりません。またコンドームをたとえ真面目に利用していたとしても、セックスの過程で破損すれば、実質的に膣内射精に近い状況に陥ります。第一の避妊対策としてコンドーム、万が一の事を考えて避妊薬を摂取しておけば、2通りのやり方でリスク管理が出来ます。そして近年の研究によって、男性が避妊薬を服用しても一定の効果が出る、との予測がなされました。動物実験では避妊薬を摂取された雄が、精子を製造出来ない体質となったためです。効果は一時的なもので、避妊薬の服用を中断すれば普通の体質に戻ったと報告されており、人間の男性でも似たようなメカニズムが発生すると考えられています。ただ、それはあくまでも動物実験の実験過程における現象です。元々女性専用の避妊薬を、成人男性が避妊目的で服用する事は推奨されていません。そもそも飲む対象として想定されていませんので、どういった副作用が男性の心身に出るかは未知数です。男性が避妊薬を服用しても、動物実験のように避妊効果が出るかは未定であり、男性側の対策としては女性のようにお薬を飲むのではなく、今までどおりコンドームを着用するのが一番でしょう。

■体の負担が少ない避妊薬です
ノベロン